背中のニキビを化粧品で治す

肌質チェックをして、いざ“背中のニキビ”をケアするためのお化粧品を買おうと思っても、あふれる数のお化粧品があります。“メイクを落とす”というだけでも、クレンジング・石鹸・クリームなど様々なものがあります。

 

背中は顔に比べると大きいパーツ。使うお化粧品の量も多いですよね。それを考慮しながら、肌質に合っていて、お財布に優しいお化粧品を選びましょう。

 

シャンプー

背中のニキビができる原因として、“シャンプーが残っていること”が挙げられます。まずシャンプーをしてから身体を洗う、という順番を徹底しましょう。

 

そしてシャンプーは、“ラウリル硫酸Na”、“ラウレス硫酸Na”(洗車などに使われる非常に強い洗浄剤)が入っているものは避けましょう。このふたつの成分は洗浄力が強すぎるので、必ず“シリコン”が添加されています。シリコンは皮膚に付着すると、とれるまでに非常に長い時間がかかります。また、パック作用があるので、栄養成分が浸透しません。

 

シリコンには“シクロメチコン”、“ジメチコン”などがあります。これらの成分はトリートメントにも添加されることが多いものですが、避けるようにしましょう。

 

これからシャンプーを選ぶのであれば、アミノ酸系のものがおすすめです。シャンプー後に少し時間を置くことで、トリートメント効果も望めます。成分は“ココイルグリシンK”や“ココイルグルタミン酸”などがあります。

 

成分表示を確認して、“ココイルグリシンK”や“ココイルグルタミン酸”の表示があり、“シクロメチコン”、“ジメチコン”の表示がないものを選ぶようにするといいでしょう。

 

クレンジング

背中を洗うクレンジングは、皮脂を取りながら保湿もできるものを選びましょう。脂はすっきり落とすものがいいでしょう。成分表を見ながら選びましょう。ただし“ミネラルオイル”と“ラウリル硫酸Na”、“ラウレス硫酸Na”が添加されているものは避けましょう。どちらも皮脂や水分を落としすぎてしまい、乾燥やニキビの原因となってしまいます。

 

ニキビ跡が気になる方であれば、美白できる石鹸もおすすめです。インターネットや皮膚科、美容クリニックなどではハイドロキノン(美白成分)配合のものが販売されています。

 

背中が乾燥肌の方は、ジェルやミルクなど、水分を奪いすぎないクレンジングを選びましょう。ダブル洗顔しなくても、お風呂のときなどにシャワーでしっかり洗い流せば大丈夫です。

 

ゴマージュ

身体を洗った後は、ゴマージュを使って、厚くなった角質をケアしてあげましょう。敏感肌・乾燥肌の方は週に1回、混合肌・普通肌の方は週に1〜2回、脂性肌の方は週に3〜4回行いましょう。そのときの肌状態を見ながら、回数を調整するようにします。

 

皮膚が赤くなりやすい方は、身体を洗うとき、ボディソープに砂糖を混ぜる方法があります。砂糖を使うと、使っているうちに溶けるので、こすりすぎの心配がありません。植物の実の殻などが入っておらず、オーガニックなので、身体にも安心です。

 

化粧水のつけ方

ゴマージュまで終わったら、肌質に合った化粧水をつけましょう。顔と同じようにケアするのが大切です。身体が柔らかい方は手にとってぬりましょう。手が届かない場合は、雑貨屋さんなどで背中に化粧水をつけるためのグッズが販売されています。それを買い求めるのもいいでしょう。

 

化粧水を塗り終わったら、美容液までで終わりにします。本来、顔であればクリームなどの油分でフタをしますが、背中は皮脂分泌が活発なパーツなので、クリームは塗らないようにします。特にニキビがある状態では、直りを遅くすることもあるので、油分は避けるようにしましょう。

 

ページの先頭へ戻る