衣を見直す

背中のニキビを治すために大切なのは、生活習慣をただし、“衣・食・住を見直す”ことです。

 

例えば、普段着用している衣類が、自分の肌に合っていないものであれば、肌は荒れ、ニキビなどの反応が出るでしょう。普段の食事で栄養素を採れていなければ、身体に不調が出てくるでしょう。忙しくて家の掃除ができていないと、ほこりでアレルギーがでたりすることもあります。

 

忙しいときには、部屋を見渡すことです。部屋が汚れているときは、シーツや衣類の洗濯ができていなかったり、食生活も乱れています。ひとつの目安として、チェックしてみましょう。

 

肌に触れるものには気を配る

肌に直接触れるものには注意を払いましょう。背中のニキビの原因となります。下着、肌着、Tシャツ、ストッキング、パンツなどは、素材、洗剤のすすぎ残しなどに気をつけましょう。

 

下着について・・・
背中に当たるブラジャーは、特に毎日洗濯するようにしましょう。皮脂分泌が活発なパーツなので、汗をかいていなくても皮脂が付着しています。ワイヤーが曲がらないように手洗いをし、よくすすぎましょう。そして、ふたつに折るような形で陰干しをします。

 

素材について・・・
化学繊維ではないから、と綿100%のものを着ていても、安心はできません。綿100%でも、化学薬品で加工がされている場合がほとんどなのです。綿そのものにも、殺虫剤などが残っている場合があります。袖をとおしたときに肌にチクチクと違和感を感じたり、咳が出るといったなどの症状があれば、アレルギーの恐れがあります。すぐに着用をやめましょう。

 

洗剤のすすぎ残しについて・・・
合成洗剤は安価で、求めやすいのですが、化学薬品が肌に悪影響を及ぼします。無添加のものを使うようにし、すすぎ残しのないようにしましょう。最近では“すすぎ1回でOK”といった洗剤も市販されています。それを利用するのもいいでしょう。

 

背中のニキビを撃退するためには、衣類や肌に触れるものに注意を払うことが大切です。いつも以上に気を配り、清潔なものを使うように意識しましょう。

衣類に気をつけて背中ニキビを治そう!関連ページ

食事を見直す
住環境を見直す