背中のニキビを皮膚科と美容クリニックで治す

少し前には、“悪いところを治療する場所”というイメージだった皮膚科も、メジャーな美容クリニックの活躍で“美意識が高い人がいく場所”といった具合に、意識が変わってきています。

 

美意識が高い人たちが、美容雑誌の特集などで紹介したことから火がつき、美容点滴から美容針、レーザーやフォトフェイシャルに至るまで、そのメニューも多様化してきました。あらゆるニーズに応えるため、皮膚科や美容クリニックもお化粧品からメニューに関して、たくさん取り揃えています。

 

できてしまった背中のニキビを治したいとき、こういった皮膚科やクリニックでのケアを取り入れるのがいいでしょう。ニキビ跡として茶色くなってしまったものも、医療器具を使って、短期間で治すこともできます。皮膚科や美容クリニックに行く場合は、その選び方や、メニューの決め方が大切になってきます。

 

皮膚科?美容クリニック?

まず、皮膚科とクリニックならどちらがいいのでしょう? 選ぶ方法は、皆さんのニーズを再確認することです。自分の悩みがニキビなのか、ニキビ跡なのか・・・悩みによっても変わります。

 

皮膚科とクリニックでは、診療時間や規模、場所にも違いがあります。診療時間は美容クリニックであれば23時までといった、会社帰りのビジネスパーソンが立ち寄ることができる時間まで診療しているところもあります。規模も、美容クリニックの方が全国展開しているところが多いです。ただし、自宅近くで、気軽に行けるところとなると、皮膚科の方がアットホームで、個人により目配りができるといえるでしょう。

 

もしお世話になっている皮膚科があれば、電話をして相談してみましょう。ホームページなどがあれば、メニューなども確認してみます。その際、ニキビ用のお化粧品を販売しているかどうか、をひとつの目安にしてください。個人経営の皮膚科でニキビ用のお化粧品を販売していたら、“ニキビを治したい”というニーズが多いはずで、メニューもそろえているところが多いです。

 

行きつけのところがある場合は、一度聞いてみるといいでしょう。

 

カウンセリングでメニューを決める

ホームページなどで診療時間や規模、場所やメニューを確認したら、さっそくカウンセリングへ行ってみましょう。美容クリニックなどでは、“カウンセリングは無料”としているところも多いので、足を運びやすくなっています。

 

そのとき、ホームページからの予約ではなく、直接電話をしてみることをおすすめします。受付の雰囲気は、そのまま皮膚科や美容クリニックの雰囲気をあらわしています。忙しそうで雑な対応だった場合は、治療のときもそうなりますし、混んでいる雰囲気ながら丁寧な対応であれば、治療に満足して帰宅できるでしょう。

 

予約を入れたら、早速カウンセリングへ行きましょう。院内がきれいかどうか、医師の対応が丁寧かどうか、も確認してください。いい印象を受けたら、さっそく治療を受けましょう。

 

治療内容

メニューには、皮膚科やクリニックでしかできないものがあります。主にケミカルピーリングやレーザー治療などです。エステティックサロンでは、皮膚から血がでるかもしれない医療行為は行えません。なので、皮膚の角質を多く削るケミカルピーリングや、強い波長のレーザー治療などはできないのです。

 

そのため、皮膚科や美容クリニックでは高価なメニューもありますが、その価値は十分にあるでしょう。

 

ガンコな背中ニキビはクリニックで治療してもらおう関連ページ

エステでの治し方