生活習慣を見直して背中ニキビを治そう記事一覧

背中のニキビを治すために大切なのは、生活習慣をただし、“衣・食・住を見直す”ことです。例えば、普段着用している衣類が、自分の肌に合っていないものであれば、肌は荒れ、ニキビなどの反応が出るでしょう。普段の食事で栄養素を採れていなければ、身体に不調が出てくるでしょう。忙しくて家の掃除ができていないと、ほこりでアレルギーがでたりすることもあります。忙しいときには、部屋を見渡すことです。部屋が汚れていると...

忙しい現代人は外食が多くなりがちですが、なるべく出来合いのものは避けるように心がけましょう。栄養が偏ると、肌や身体に影響がでてきます。食べものは、直接口の中に入れるものです。忙しいと、つい無頓着になりがちですが、気をつけると肌や身体が変わっていくのが実感できます。少しだけ意識を変えてみましょう。一般的に外食は味が濃いために、高カロリーになりがち。牛丼や天丼などはかなり塩分が高めで、むくみやすくなっ...

衣・食と同じくらい大切なのが、住居です。例えば、寝具。人間は寝ている間にコップ1杯以上の汗をかくと言われています。汗と同時に、皮脂分泌もしていますので、枕カバーやシーツ、掛け布団カバーといったものにはその汗と皮脂が付着していることになります。汗と皮脂がついたままの不潔な寝具で寝ていると、いつまでも背中のニキビが治りません。化粧品や薬、エステティックサロンや皮膚科での治療を受けても、その効果が薄れて...